All posts for the month July, 2014

Yahoo! Music: Adam Lambert Talks Queen Tour, Next Album

Yahoo! Musicのご存知Lyndsey Parkerのインタビューです。 北米ツアーも佳境に入って来たこのタイミングでのインタビュー。逆にアダムがどう感じているのか聞けて良かったのかもしれません。 アダムのソロアルバムに付いても最後に語っていますが、やはりレコードレーベルはすでに決まっているようですね。(名言はありませんが間違いなさそう) ライアン・シークレストが前に話していた「2015年の前半にサードアルバム発売」というターゲットも、変わってはいないようです。 全文翻訳しましたので下に載せまーす♪ ______________ YAHOO! MUSIC Don’t Stop Him Now: Adam Lambert Talks Queen Tour, Next Album https://music.yahoo.com/blogs/reality-rocks/don-t-stop-him-now–adam-lambert-talks-queen-tour–next-album-222130036.html アダム・ランバートはクイーンのフロントマンとしての北米ツアーをもうすぐ終わらせる予定ではあるが、彼の予定はその先もかなり忙しい物になるようだ。 Queen + Adam Lambertツアーは8月22日からオーストラリア、ニュージーランドツアーに向かう予定で(ごほん、ごほん、その前に韓国、日本と立ち寄りますよー)、現在はAT&TのLive Proud projectのキャンペーンも行っている。そしてもちろん秘密だらけの彼のソロサードアルバムも2015年初旬に発売される予定だからだ。 慌ただしいツアーとレコーディングの合間に、アダムはヤフーミュージックのインタビューに答えてくれ、フレディ・マーキュリーの(途方も無い)後がまを勤めることへの挑戦について、クイーンファンを虜にする事、そしてこの夏のツアーが彼本人のソロミュージックにどう影響して行くのかに付いて語ってくれた。 Yahoo Music(YM):クイーンと北米ツアーを回ってもう一ヶ月以上経つわよね。どんな感じ? Adam(A):凄くいい感じだよ。みんな暖かく迎えてくれてる。ショーが進んで行くに連れて観客もどんどん入り込んでくるのが凄くよくわかるんだ。最初の数曲では、「なるほどね」「まあいいんじゃない」って感じで「まだわからない。もっと見せてみろよ」的な空気感なんだけど、ショーが進むにつれ観客のみんなが一斉にコンサートを全身で楽しみだすのがわかる瞬間があるんだ。このショーがそうあるべきであるように、ね。Suspension of disbeliefだね。(このsuspension of disbeliefというのは、いわゆる小説やアート等のフィクションの世界を信じられると言う意味で使います。現実ではあり得ない設定、世界感でも、入り込んでしまえばそんな事は気にならなくなり、その設定上でも物語やアート、ショーなどを楽しめると言う事です。逆にこのsuspension of disbeliefが無いと、お話やアートは全く楽しめないというわけです。)このショーはちょっとした現実逃避や旅だから。馬鹿げていて滑稽な部分があるべきなんだ。それがこのバンドのスピリットだし、彼らはずっとそうあり続けた。だからこそ僕はステージでの(大げさな)衣装や動きをする事にも全く躊躇しなかったんだ。それがこのバンドの大切な精神だし、最初にクイーンが出て来たときの狙いの一部でもあったんだから。僕はそのスピリットに命を吹き込むため、最大限の努力をしたいと思ってるんだ! YM: 確かにあなたは衣装に関して全くシャイじゃなかったわね。ショーの中で、きんきらの王冠もかぶってたし・・・ A: はは、みんなそこに食いつくんだな!まあ確かに「王冠」と言う物に大きな象徴性を感じるのはわかるよ。ただ僕は「このバンドは『クイーン』なんだから、王冠をかぶるべきだよね!」って思っただけなんだ。フレディが凄いマントを羽織り王冠をかぶってステージに立った事は有名だ。あれはもの凄く大げさで芝居染みていて、凄く楽しかった。だから僕もやりたいと思っただけなんだ。まぁ、僕の王冠はもうすこしきんきらきんの物になったけどw YM: インターネット上のクイーン崇拝者たちの中には、あなたのその「王冠」に付いて否定的な意見をもつ人もいるわよね。あなたがフレディになろうとしている、とかなんとか・・・ A: このショーが素晴らしいのは、僕たちが「意図的に」昔のヴィジュアルや音楽を昔とあまり変わらないニュアンスで復活させている事だと思うんだ。たとえそれが新しい形だとしてもね。僕らは「また(全盛期のクイーンのような素晴らしい)瞬間を、象徴的なサウンド、ヴィジュアル、スタイルをもう一度作り出そう」と皆で同意したんだ。ファンションに関しても、僕はフレディが昔着ていた衣装や、それらのインスピレーションの源、そしてその時代背景もたくさん見返してみたんだ。少しでもそこに近づけるようにね。 YM: フレディのソロ曲 “Love Kills” をコンサートで歌う事に対する不安はあった?なにしろフレディは彼の生涯の中で一度もあの曲を披露した事が無かったでしょ。 A: 確かにある意味ではね。でも同時にすごく楽しみでもあったんだ。なにしろあの曲は”Who wants [...]

  • Calendar

    July 2014
    M T W T F S S
    « May   Aug »
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • 1
  • . .
  • . .
  • Video with Japanese Adamholics

  • Glamorous Adamholics

  • Recent Posts

  • Archives

  • Categories

  • 朝英語Biz
  • UNIVERSAL MUSIC STORE(ユニバーサルミュージックストア)
  • ____________________________ ____________________________ UNIVERSAL MUSIC STORE(ユニバーサルミュージックストア) ____________________________ ミネラルウォーター通販 ブックオフオンライン