All posts for the month May, 2015

fresh 102.7 NYC – May 7, 2015

今朝早くに放送された短いインタビューです。 話している事は基本どのラジオ局でも同じなのですが、アルバム「オリジナル・ハイ」について少しだけ興味深い事を話していたので、その部分だけ搔い摘んで訳します。 動画は二本アップされていて、一本はゲーム形式。 Adam Lambert’s New, Bittersweet Pop Sound Takes Hold on ‘The Original High’ http://fresh1027.cbslocal.com/2015/05/21/adam-lambert-original-high-interview/ link to the video DJ:アルバムはポップだけれど「バブルガム」ではない、とはどういう意味? A:これは確かにポップのアルバムに間違いない。キャッチーで耳に残るし、体を動かすようなテンポの曲が多い。ただ、曲のテーマが今までよりももっと物悲しく、ほろ苦い物が多くなっている。何年構えは僕自身のファッションや歌い方も派手で大げさだったけれど、今回は落ち着いた、引き算の美学が生かされていると思う。 アルバム制作の前に総合プロデューサーのマックスマーティンとシェルバックと一緒に何度も話し合い、彼らに「君は今までに大げさで華やかな物をたくさんやってきたし、それはそれで素晴らしかったが、今回は抑えめに、今までとは違う新しい方向に持って行ってみないか」と言われやってみた。歌い手としてみて見た場合、僕の今までのアルバムの中で、今回の物がベストなボーカルだと思う。 “Less is More” の精神ですべてを抑えめにしている中で、そこに例えば高音をもってきたり、大声量で歌ったりするとそれはとても際立つしね。ただ、それらはアルバム内にちりばめられているけれど、全体を通すと落ち着いた出来になっている。 DJ:新しい事を試すのは怖くないか? A:怖い訳ではないが、確かに抑えめに表現する事で自分をもっとさらけ出している気はする。でもそれが逆にいい仕上がりになったと思う。マックスはアルバム制作中に何度も「もっと抑えて、もっと抑えて」と僕にアドバイスしてきた。ただそうする事で、仕上がった曲は、もっともっと聞く人の心を引き込める仕上がりになったと思う。 (ここで、他のインタビューでも話していた、LAの友人たちと話したというオリジナルハイを追い求める話が入ります。重複するので省略。) DJ:このアルバムをどれくらい成功させたいか。プレッシャーはあるか。 A:大きな期待をされているのはわかる。でも今回はうまく行く自信がある。最高の人たちと作り上げたアルバムだし、ボーカルもとても良い物が収録できた。今までの僕のアルバムの中でベストの仕上がりだと思っている。早くみんなにアルバムを聴いてもらいたい。 アルバム全体は今までで一番曲のまとまりがある物に仕上がっているが、聞く人たちはどんな物かまだ実は全く予想できていないと思う。多分聞いたらみな驚く事になるだろう。 DJ:ゴーストタウンのミュージックビデオは、少し”Faith”をリリースした頃のジョージ・マイケル的な感じがしたけど意識したか?(超余談:あのアルバム大好きで、今でも良く聞いています♪) A:僕自身は全く考えてもいなかったけれど、もしかしたら監督をしたハイプ・ウィリアムスは僕に何も言わなかったけれどそういうヴィジョンを持っていたのかもしれない。ただ、そういう風に言ってもらえる事は凄く光栄。僕はジョージ・マイケルがものすごく大好きだから。特にFaithの頃の彼は本当に最高だった。今は昔ほどCDが売れなくなったけれど、このアルバムは成功する予感がしている。そう期待している。 ______ http://cbsrny.cbsradio.com/global/video/popup/pop_playerLaunch.asp?vt1=v&clipFormat=flv&clipId1=11515926&at1=Radio 19&h1=Adam Lambert Plays The Most Awkward Game&flvUri=&partnerclipid= link to the video こちらはちょっとしたゲーム。首を傾げるような瞬間を次々に答えていくゲーム。 箇条書きで書いて行きます。 一番変だった「・・・」 ファンとの瞬間:NYで知らない女性が僕の車に入り込んで座っていたこと。僕が車に乗り込んだら既に後部座席に座っていて、僕を見もせずに、ただ前を見て、目が合わなければ気づかれないと信じていた感じ。凄く変だった。 キス:最初のキス。相手はブリジットと言う4歳年上の女性で、サンディエゴのビーチで。彼女に「教えてもらった」感じだった。 セレブとの対面:みんな仲良く「セレブグループ」になると思ったが、実はそうじゃなかったから、セレブと会って変な空気が流れる事はたくさんある。マドンナとあったときは緊張したし光栄だった。 元カレ:基本,関係が終わったあとも皆と仲良くしているけれど、それぞれが新しい恋人を連れているときに偶然会ってしまったときは変な空気だった。 [...]