アイドルシーズン中から、多くのインタビューに答えて来たアダム。

全部を載せるのは無理ですが、私のお気に入りを載せておきます。

(本当はもっとたくさんいい物があるのでしょうが、とりあえずこれだけ。)

多くの物が、クリスと一緒に受けたインタビューです。

この二人のインタビューは、見ているだけで幸せになれますからね。

最新のインタビューは、ブログの方にがんがん貼付けていきますので、あちらをご覧下さい。

.

まずは、最強の『グループ2』から勝ち上がった3人のインタビューです。

アイドルでは、3つのグループに分けられ、それぞれのグループからとりあえず3人だけがTop 12に進める事になっていました。
グループ2はその中でも才能のある人がそろっていて、結局Top 13の中に12人中6人が入るという快挙。
(Wild cardで選ばれた3人が後から追加されました)

そして、もっと凄いのは、Top 5にここから4人も入っている事。
最強のグループ2ですね。

このグループ分けがされたときから、Kradisonの3人は強い絆で結ばれています。

..
..
.
Top 7の週に、アイドル史上初めての "Judge's Save" が使われました。

救われたのはマット。

普段アイドル放映の後のこの番組には、その週に落ちてしまったアイドルが出演します。
この週は誰も落ちなかったという事で、全員が遊びにきています。

アドバイスが欲しいときに誰に話を聞いてもらう?と言う質問に、みんなそろって

"Adam"

と答えていますね。

..
いろいろなインタビューの音源を集めた物です。

Part 1とPart2に別れていて、たくさんのアダムの言葉を聞く事が出来ます。

.
Top 3のホームカミングでの映像です。

アダムとママの関係は本当に素敵。

リクエストがあったので、簡単な説明を下に載せておきます。(意訳です)

インタビュアー:お母さんの存在が、このアメリカンアイドルを進んでいく上であなたを落ち着かせる存在だと思うんだけど、話す機会があるときにはどんな事を言われるの?

アダム:無条件の愛とサポートは、絶対にこのクレイジーな状況の中で大切だよっ。

話す機会はあまり無いんだけど、いつも「あなたは良くやっているわよ!」とか「大丈夫よ!」とか言ってくれるんだ。

ママ:同じようにアダムも私を落ち着かせてくれる存在なのよ。

アダム:お互い助け合っているんだよね。(と言って、笑顔で見つめあう。)


そして、インタビュアーが実際にどんな話しをしているのか聞くと、パフォーマンスそのものについての話しはしないけれど、どんなにこの状況がクレイジーか、凄いことになっているか等を話すって言っています。

で、雑誌に載っているアダムを見てどう思うのか聞かれると、ママが「バッグに入れて持ち歩いてみんなに見せびらかしている」って答えるのです。

それを聞いてアダムは「自慢しまくりなんだよ。」って笑いながら答えるの。

ああ、かわいい。

話しは子供の頃に戻って、いつ頃アダムの才能に気がついたかって聞かれます。

こんなに凄いところまで来るとは思わなかったけど、彼に大きな可能性があることは昔から分かっていたそうです。

そして、最初にその才能が他の子とは違うと気がついたのは10歳のときにアダムがステージに上がって歌ったときだとママが答えます。

その歌声に観客がみんな驚き、顔を見合わせたそうです。

アダムはそれを聞いて、それまで聞いていたレコードのまねをしていたんだよ、って答えます。

そしてその「人まね」がオリジナルになっていったんだって。

それを聞いてインタビュアーが、どうやって「人まね」からそうじゃなくなっていったのかについて聞きます。

アダムは、ご両親がボイスレッスンを受けさせてくれたことを話します。
やりたいことをやらせてくれたんだよ、って。

そのレッスンを受けるのは誰のアイディアだったのかと聞かれると、ママが「僕は歌いたいんだ、ってあなたが言ったのよ。」って答えます。
そして、私たちはやるべきことをした(子供がやりたいと言っていることをサポートしてあげた)だけなのよって言うのです。

インタビュアーが、でも歌って、必ずしも将来安定した仕事として成り立つ物じゃないし、途中で心配にならなかった?と聞きます。

ママは「心配になんてならなかったわ。アダムが歌うと私はただ興奮して喜んでいたのよ」って答えます。

ここで、ママとアダムは見つめ合ってにっこり微笑み合います。

インタビュアーはその二人の様子を見て、「アダムの様子を今朝ずっと見てきたけれど、彼はきちんと育てられたって言うのがよくわかるわ。」と言います。(アダムがとてもいい人だと言いたいわけですね。)

それを聞いて、ママは「みんなが、アダムは本当にいい人だとか、アダムは優しくて素敵な人だとか言ってくれるのよ。本当に本当に嬉しいわ。アダムのいいところに気がついてくれるって言うのは、本当に素晴らしくて嬉しくてたまらないのよ。」と言います。

それを聞いたアダムは、ママの肩に手をかけて「最高の先生から学んだからね。」とママに微笑みかけます。

そして肩を抱くのです。ママも嬉しそう。

それを見ていたインタビュアーが「ハッピーマザーズデイ!」と言います。

アダムは、(ママが来てくれたことが)嬉しい驚きだったよ。凄く嬉しいよ、と言ってママと抱き合います。

そしてお互いに "I love you." と言い合ってほっぺにキスします。

その様子を見たインタビュアーは、感動して(泣きまねをして)「あ〜〜〜〜っ、私は二人とも大好きよっ!」と言ってグループハグ!(みんなで抱き合いましょう!)って言うのです(笑)

本当に素敵な親子です。見習わなくてはっ。

..
フィナーレのパフォーマンスが終わった直後のインタビュー。

アダムがクリスの耳にキスをする有名な動画です(笑)
他にも見所がいろいろあります。ほほほ。

..
Kradamを語る上で、絶対に外せない動画です(笑)

グランドフィナーレが終わって、クリスの優勝が決まりました。

ステージを降りてからおそらく初めて二人が顔を合わせたときだと思われます。

こんなに素敵な友情があっていいのかっ?!と思うほど素敵な二人です。

.

.
アダムが他の候補者について思っている事を話しています。

後半は逆に、他のアイドルたちがアダムをどう思っているかを話している映像です。


Adam's kind words for each contestants and vice versa
by adamazing

..
シーズン終了後、Top 10がそろってラリーキングライブにゲスト出演したときの動画。

..
US magazineのインタビュー動画。

有名な"I like the TOP."発言はここから来ました(笑)

.
アダムの演技が見られます。

難しい台詞も、すべて一発取りでOKだったそうですよ。

ちなみにこのときに行われたインタビューが最高に面白いのでリンクを貼っておきます。

Best week ever!

..
NYで、ミュージカル "HAIR" を見た後のアダム。

ものすごく興奮していて、素のアダムを見る事が出来ます。

..
アダムがこなしてきたインタビューの中でも1、2を争う素晴らしいものです。

パート1からパート5まで、約30分もありますが、絶対に見る価値があります。

Idolatryは、本当に最高の番組っ!シーズン中から1話も欠かさず見てました(笑)

..
People.comのインタビュー。

ファンの質問に答えてくれています。この日のアダムは目が凄く綺麗。

(この段階ではまだTwitterを始めていなかったアダムですが、もちろん今はやっていますよ。)

..
20/20のインタビュー。

デビュー前の新人としては異例のRolling Stone誌の表紙を飾ったアダム。
(アダムが表紙の号はSold Outとなり、年間最高の売り上げを記録しました)

その中での発言が大きな注目を集めました。

これがRS誌発売後、初のTVインタビューです。

..
TV Guideのインタビュー。

Man Crushについて話しています。クリスの小悪魔っぷりが見所。

リクエストにお答えして、下に簡単な意訳を載せてあります。ああ、面白い。

クリスがアダムに手を回すあたりの会話は、アダムのファンからクリスがバースデープレゼントをもらった話しになっています。

A「フェザー(羽)をもらってたよね」
K「いくつか羽をもらったねぇ。」

ここでアダムが自分のジャケットの肘についている羽をカメラに見せます。Cute!!

K「僕のルックスをもうちょっとグラムっぽくしたいんだろうね。感謝してるよ〜。それからね、ヘッドフォンスプリッター(一つのステレオやiPhoneなどに差し込んで、二人で同時に同じ音楽を聞けるようにする奴です)ももらったよ。それを使ってアダムと僕がショーが終わった後に一緒に音楽をききながら・・・寄り添えるようにね」

A「・・・ファンは僕たちの友情を勘違いしているよね。絶対っ。」
(ちなみに、アダムがこの台詞を言っているときに、隣でクリスは意味ありげなThank you.をカメラに向かってささやいています)

そしてクリスは無言で腕をアダムの肩にまわしますっ
カメラ目線のまま!
おおおおおーっ。
アダムは大笑いしつつ、顔を手で覆います。
小悪魔クリス君、健在。

そして次のセクションは、アダムがクリスにお熱だったと発言した事について。

A「クラッシュ(誰かに夢中になる事)は別に、ドン引きするような事じゃないよ。」
K「そうそう。僕だってアダムにクラッシュだったんだから。・・・そう言ってもいいよね。アダム、僕は君に夢中だったんだよ。」

A「あ〜あ、そんな事言っちゃうとまたあちこちで取りざたされるよ〜。」
K「・・・やっちゃったな。自滅っ。(苦笑)」

で、最後にブロマンス(男同士の熱い友情の事をさしますが、とりわけゲイとストレートの男性同士の友情について言う事が多いかな?でも最近は普通に男同士のロマンスについて指す事が多いような気もします。)について、クリスがこう言っています。

K「男同士が惚れ合う事はトレンディー(死語か?!)なんだよ。」
A「ブロマンス!」
K「そう、ブロマンスは、はやりなんだよ!」
A「ブロマイ!」←アダムの勝手な造語でしょうね。ブロマンスの品詞改良?(爆)

..
LA Timesのインタビュー。

アイドル同士がインタビューをし合うシリーズ。

アダムとクリスがそれぞれ質問をし合っています。

クリスと一緒のときのアダムは、明らかにガードが下がっていつもと違いますね。

リクエストにお応えしての意訳です。

ケイティ(クリスの奥さん)は、ツアーに同行するのかとアダムに聞かれての会話です。

K「いくつかのショーには遊びにくるよ・・・アダムに会いにね。」
A「わはは、そっか。で、お互いにネイルを塗り合うの?」
K「そうそう、彼女はそれを凄く楽しみにしてるんだよ。」
A「いいね!フェイシャルとかも?」
K「もちろん。トータルパッケージのエステ(スパトリートメント)だよっ!僕はただお金を払うだけさ。」
A「いいねーっ。で、僕のも払ってくれるの?」
K「当然さ。」
A「わお、ありがと!僕が準優勝者だから払ってくれるんでしょ。(だから優勝者のクリスが支払う。)」
K「そゆこと〜。」

.
Daily 10のインタビュー。

このときにアダムが着ているシャツが私の大のお気に入りなので貼っておきます(笑)

最初の部分が何度も繰り返されますが、壊れている訳ではないので見続けてください・・・。

.
ツアーが始まってからのインタビュー。

同じような質問が多い中、このインタビューはアダムもリラックスしていい感じに進んでいます。

.
衝撃のGood Morning Americaでのパフォーマンス後に撮られた動画です。

この日のアダムは半端無くかっこいいっ。

オフィシャルサイトにアップされたのですが、なぜかすぐに取り下げられたものです。

YouTubeに既にアップされた後だったので、結局出回っちゃいましたけどね(苦笑)

..
ツアーも後半に入って、いろいろなインタビューに答えてきました。

このインタビューは、内容は聞き飽きた物ばかりですが、とにかくかわいいアダムが見られます。

山のようなスクリーンショットがこの動画から出回っています。

.
2009年10月20日にアップされたインタビュー。
AMAsノミネーション発表会の時に収録された物ですが、
雑誌Details Magazineの写真について話しています。
ヌード女性との絡みについてインタビュアーが質問すると、ひょうひょうといいじゃない!と答えるアダム。

最高です(笑)。

.
"Time for Miracles" の動画メイキングとインタビューの映像です。
ミュージックビデオは、post-idolの動画ページにあります。  

.
アダムのオフィシャルページで、毎日展開されたQuestion of the Day.

ちょっとした質問にアダムが答えてくれる動画です。

すべてオフィシャルページで見る事が出来ますが、
この動画はどうしてもここに貼りたいので持って来ました。

10月28日分のQOTDです。

.
Oprahのショーに衛星インタビューという形で出演したアダム。
このインタビューのあと、アルバムのプリセールが急激にのびました。
凄い影響力ですね。まあ、このかわいさを見れば誰でも買いに走りますけど(笑)


.


home | blog | pre-idol | idol | post-idol | tour review | interviews | kradam | about

.